BTO PC パソ太通信

BTO PC パソ太通信では、ショッピングモールで掲載の少ない BTOショップ等のパソコン、BTOパーツ、周辺機器を掲載しています。選択可能オプションを指定して絞り込むBTOパソコン検索パネルも用意しています。

2014.5.24 モバイル向け Haswell Refresh CPU ぞくぞく登録。 強力でし。
デスクトップ向け 低電力版 CPU も用意されたぞな 。
モバイル Intel Core i7 4940MX 3.1-4.0GHz 57W
モバイル Intel Core i7 4910MQ 2.9-3.9GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4810MQ 2.8-3.8GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4710MQ 2.5-3.5GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4712MQ 2.3-3.3GHz 37W
デスクトップ低電力 Intel Core i7 4790T 2.7-3.9GHz 45W
デスクトップ低電力 Intel Core i5 4590T 2.0-3.0GHz 35W
デスクトップ低電力 Intel Core i5 4590S 3.0-3.7GHz 65W
2014.5.16 電力効率を高めた新ラインナップ Haswell Refresh 登場でし。
Intel Core i7 4790 3.6-4.0GHz 84W
Intel Core i7 4790S 3.2GHz-4.0GHz 65W
Intel Core i5 4690 3.5GHz-3.9GHz 84W
Intel Core i5 4460 3.2GHz-3.4GHz 84W
Intel Core i3 4150 3.5GHz-3.5GHz 54W
Intel Pentium G3240 3.1GHz-3.1GHz 54W
Intel Celeron G1840 2.8GHz 54W
2013.12.20 NVIDIA GK106-A2コア オーバーミドルの本命? GTX 760Ti ラインナップ開始。
NVIDIA GeForce GTX760Ti 搭載可能BTO一覧
NVIDIA GeForce GTX780Ti 搭載可能BTO一覧
2013.11.28 ひさびさ 低電力版の 新CPU がラインナップされました。
Intel Core i3 4130T [35W](2Core 4Thread 2.9GHz)
Intel Pentium G3220T [35W](2Core 2Thread 2.6GHz)
その他の Intel 低電力版は こちら ↓ 連続稼働PCにどうぞ
Intel Core i5 4570T , Intel Core i7 4770T , Intel Core i7 4770S ,
2013.11.13 AMD 高性能GPU Radeon R9 290X 登場だぜ!!
AMD Radeon R9 290X 搭載可能BTOデスクトップ一覧
もちろん NVIDIA GTX780Ti もラインナップされたよ。
NVIDIA GeForce GTX780Ti 搭載可能BTO一覧
2013.9.12 でました! Intel 高性能 CPU
Intel Core i7 4960X 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i7 4930K 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i7 4820K 搭載BTOパソコン一覧
2013.9.6 Intel 新CPU ぞくぞく登録
Intel Core i7 4771 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i5 4440 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i3 4130 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i5 4200M 搭載BTOノートパソコン一覧
Intel Core i3 4000M 搭載BTOノートパソコン一覧
2013.8.16 Quadro搭載 クリエイター向けBTOパソコン 大幅に更新されています。
Intel Core i7 4930MX 搭載BTOノート パソコン一覧
2013.7.13 ついに Intel Core i7 4930MX (3.0-3.9GHz) 搭載BTOノートが登場しました。
Intel Core i7 4930MX 搭載BTOノート パソコン一覧
2013.7.13 GeForce GTX780M , GTX770M 搭載ノート がラインナップされました。
2013.6.27 GeForce GTX760 と Radeon HD8770 搭載機がラインナップされました。
2013.6.2 第4世代 CPU Haswell 搭載BTOノートパソコン 登録されました。
Core i7 4900MQ Core i7 4800MQ Core i7 4700MQ
2013.6.2 登場しました Haswell世代 BTOデスクトップ
Core i7 4770K Core i7 4770 Core i7 4770S
Core i5 4670K Core i5 4670 Core i5 4570
ノートも1つ Haswell世代 BTOノートパソコン Core i7 4700MQ
2013.4.12

Intel Core i3 3220T 搭載 BTOデスクトップ登録!

Quadro K4000, Quadro K2000,


BTOパソコンの利点

BTOパソコンの利点

BTOパソコンの利点は色々ありますが、大きな利点は↓の2つです。

性能に見合った価格

メーカー製のパソコンの場合
開発・宣伝費に比重が置かれ、独自機能やソフトウェアが価格に上乗せされています。

メーカー製パソコンなりの魅力もありますが、 価格、性能 ともに BTOパソコン の方が有利です。

私自身、以前はメーカー製パソコンを何台か購入していましたが、
ハードディスク がいらないソフトで埋まっている製品もありました。
しかも常駐する重いソフトが目白押し。。。


BTOパソコンの場合
開発・宣伝費は非常に低く抑えられいて性能に見合う価格で販売されています。

BTOパソコンは、パーツ販売店 が パーツを組み立てて 「パソコン」 として売っています。
本来、パーツ販売店 が売りたいのは CPU,グラフィックカード などの パーツ であって、パソコンではありません。

なのでBTOパソコンは、パーツの価格がそのまま反映されて
安価なパーツを使えばパソコンも安価に、高価なパーツを使えばパソコンも高価になります。

もちろん工賃も価格に含まれますが、
使用されるパーツが秋葉原の時価相当で数量を造るので、近所のパソコンショップで個々のパーツを購入して自作するよりも安く手に入る場合が多いです。


本当に必要な性能にこだわれる

メーカー製パソコンの場合
多数の購入者が目を引くように、デザインやコンセプトが作られます。

今のトレンドなら、地デジ録画・編集、省エネ、スマホ連携、クラウド などでしょうか、
イメージ先行で基本性能がイマイチのパソコンが店頭に多く並んでいます。

地デジ録画や映像編集が売りのパソコンだから購入したのに、
ブルーレイが書き込み非対応で、CPUは非力、ハードディスク容量が少なくて 涙。
なんて場合も。。。

されども 初心者の方や、デザイン重視の方にはメーカー製パソコンも十分魅力的で、
マニュアルが充実していますし、メーカー製パソコンなら情報も得やすいのは利点です。

あとは、有名メーカーの安心感。


BTOパソコンの場合
コンセプトを決めるのは購入者

本当に必要な部分にお金を掛けることができて、用途に応じた性能を実現できます。

メーカー製パソコンのように 春モデル・夏モデルなんてありませんから、
昨日発売したばかりのパーツだって選択できたりします。

用途がはっきりしなくても、BTOパソコンの価格対性能が高いことに違いはありませんが、こだわりがあるとさらに BTOの意味が高くなります。

たとえば次のような こだわり方があります。

  • インターネットとオフィス が使えれば良いから Office最新版込みで ?万円ぐらい
  • 全体的なパフォーマンス が欲しいから そこそこのCPUと 大容量メモリ + 高速SSD
  • マザーボードやメモリにもこだわって、 とにかく高性能なものを
  • ゲーム好き だから 高性能なグラフィックカードを
  • ビデオ編集がしたい から ブルーレイ付きの 高速CPU + 大容量ハードディスク
  • 3DCGをやりたい から CPU と グラフィックカードは高性能なものを
  • Linuxで自宅サーバー たてるから OS無し、液晶無し、 低電力なCPUを
  • Adobe を真剣でマスター したいから 高級な液晶と 対応グラフィックカードを

コンセプトが決まったら、

コンセプト別お勧めBTO

さらにパーツに関して詳しく

BTOパーツの選び方


メーカー製パソコンを購入する初心者の方へ

家電量販店などでメーカー製パソコンを購入する方は、
詳しそうな店員さんを見つけて、パソコンで何がやりたいか詳しく話してから、 ”お勧めのパソコン” を聞いてみてください。

その際、何故そのパソコンをお勧めするのか、基本性能からちゃんと分かるように説明してくれる店員さんから購入しましょう。

ただし!!
一部の家電量販店では、そもそも高性能なパソコンを在庫に置かない事があるので気をつけてください。
店頭に陳列されているパソコンの中にあなたが必要とするパソコンが存在しない可能性があります。

価格やデザイン性だけでパソコンを購入してしまうと、半年たたずに性能に不満を覚えるかもしれません。


ドスパラ
FRONTIER

BTOの選び方

スポンサーリンク