BTO PC パソ太通信

BTO PC パソ太通信では、ショッピングモールで掲載の少ない BTOショップ等のパソコン、BTOパーツ、周辺機器を掲載しています。選択可能オプションを指定して絞り込むBTOパソコン検索パネルも用意しています。

2014.5.24 モバイル向け Haswell Refresh CPU ぞくぞく登録。 強力でし。
デスクトップ向け 低電力版 CPU も用意されたぞな 。
モバイル Intel Core i7 4940MX 3.1-4.0GHz 57W
モバイル Intel Core i7 4910MQ 2.9-3.9GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4810MQ 2.8-3.8GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4710MQ 2.5-3.5GHz 47W
モバイル Intel Core i7 4712MQ 2.3-3.3GHz 37W
デスクトップ低電力 Intel Core i7 4790T 2.7-3.9GHz 45W
デスクトップ低電力 Intel Core i5 4590T 2.0-3.0GHz 35W
デスクトップ低電力 Intel Core i5 4590S 3.0-3.7GHz 65W
2014.5.16 電力効率を高めた新ラインナップ Haswell Refresh 登場でし。
Intel Core i7 4790 3.6-4.0GHz 84W
Intel Core i7 4790S 3.2GHz-4.0GHz 65W
Intel Core i5 4690 3.5GHz-3.9GHz 84W
Intel Core i5 4460 3.2GHz-3.4GHz 84W
Intel Core i3 4150 3.5GHz-3.5GHz 54W
Intel Pentium G3240 3.1GHz-3.1GHz 54W
Intel Celeron G1840 2.8GHz 54W
2013.12.20 NVIDIA GK106-A2コア オーバーミドルの本命? GTX 760Ti ラインナップ開始。
NVIDIA GeForce GTX760Ti 搭載可能BTO一覧
NVIDIA GeForce GTX780Ti 搭載可能BTO一覧
2013.11.28 ひさびさ 低電力版の 新CPU がラインナップされました。
Intel Core i3 4130T [35W](2Core 4Thread 2.9GHz)
Intel Pentium G3220T [35W](2Core 2Thread 2.6GHz)
その他の Intel 低電力版は こちら ↓ 連続稼働PCにどうぞ
Intel Core i5 4570T , Intel Core i7 4770T , Intel Core i7 4770S ,
2013.11.13 AMD 高性能GPU Radeon R9 290X 登場だぜ!!
AMD Radeon R9 290X 搭載可能BTOデスクトップ一覧
もちろん NVIDIA GTX780Ti もラインナップされたよ。
NVIDIA GeForce GTX780Ti 搭載可能BTO一覧
2013.9.12 でました! Intel 高性能 CPU
Intel Core i7 4960X 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i7 4930K 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i7 4820K 搭載BTOパソコン一覧
2013.9.6 Intel 新CPU ぞくぞく登録
Intel Core i7 4771 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i5 4440 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i3 4130 搭載BTOパソコン一覧
Intel Core i5 4200M 搭載BTOノートパソコン一覧
Intel Core i3 4000M 搭載BTOノートパソコン一覧
2013.8.16 Quadro搭載 クリエイター向けBTOパソコン 大幅に更新されています。
Intel Core i7 4930MX 搭載BTOノート パソコン一覧
2013.7.13 ついに Intel Core i7 4930MX (3.0-3.9GHz) 搭載BTOノートが登場しました。
Intel Core i7 4930MX 搭載BTOノート パソコン一覧
2013.7.13 GeForce GTX780M , GTX770M 搭載ノート がラインナップされました。
2013.6.27 GeForce GTX760 と Radeon HD8770 搭載機がラインナップされました。
2013.6.2 第4世代 CPU Haswell 搭載BTOノートパソコン 登録されました。
Core i7 4900MQ Core i7 4800MQ Core i7 4700MQ
2013.6.2 登場しました Haswell世代 BTOデスクトップ
Core i7 4770K Core i7 4770 Core i7 4770S
Core i5 4670K Core i5 4670 Core i5 4570
ノートも1つ Haswell世代 BTOノートパソコン Core i7 4700MQ
2013.4.12

Intel Core i3 3220T 搭載 BTOデスクトップ登録!

Quadro K4000, Quadro K2000,


BTOパソコンとは?

BTOパソコンとは?/購入の流れ

BTOパソコン とは、パーツを選んで注文できるパソコンの事です。

  • メーカー製と違って、BTOパソコンなら必要な部分にこだわったパソコンを発注できます。

  • メーカー製と違って、BTOパソコンなら最新のパーツを選択することができます。

  • パーツショップが組立販売を行っているので、パーツに見合った価格で購入できます。

(BTOパソコンの利点について詳しくは ⇒ BTOパソコンの利点)

BTOパソコンの購入の流れ

BTO とは、”Build To Order” の頭文字で、
ユーザーの指示に従って組み立て販売することです。

その購入の手順が BTO の特徴になります。

1. モデルを選ぶ

BTOパソコンショップ は、需要のある コンセプト毎に 数種類のセットモデルを用意しています。

先ずは コンセプト から あなたが欲しい モデル を探します。

各ショップのトップページにも、旬のお勧めコンセプトモデルが表示されていますし、
数ページか眺めていると欲しいモデルが見えてきます。


ドスパラ
FRONTIER

上段のショップ( フェイス ,TWOTOP ,パソコン工房 )はいずれもUNITCOM系列のショップですのでパーツは潤沢で、最近 TWOTOP ,パソコン工房 では、法人向けにも力を入れています。

ゲームPCに関しては各ショップ積極的ですが、
ドスパラ では他でラインナップが無いゲーム向けBTOパソコンが見つかります。

(その他のBTOパソコンのショップリストは ⇒ ショップリンク で掲載しています。)

2. 必要なパーツを選択する

モデル を決めたら、カスタマイズページへ移動して、パーツを選択・指定します。


各モデルの詳細ページに カスタマイズ のようなボタンがあるので押してください。
(カスタマイズボタンを押しただけで、注文されるような事はありません)

カスタマイズページには、そのモデルで搭載できるパーツ選択肢が並んで表示されいるます。
このページで OS や CPU,グラフィックカード,ハードディスク,光学ディスク などのパーツを選択(変更)します。

選択肢にあるパーツは、そのモデルで選択して大丈夫なパーツなので、
基本的には自由に選んでOKです。

ただし、注意書きがある場合は、その記載に従って変更してください。

よく見かける注意点としては↓の3点です。

  1. グラフィックカードに対応した電源の指定が必要になるケース
    グラフィックカードを変更する場合、電源の変更も促す注意書きが記載される場合があります。
    その場合には、注意書きに沿って電源も変更してください。

  2. 初期状態で特定のパーツ付属しないケース
    基本構成の初期状態でOSや液晶などの必須でないパーツが選択されていない場合があります。
    確認の上、必要ならば追加・選択してください。

  3. OSが対応する メモリの容量が制限されるケース
    64Bit の Windows7,Windows8 が主流ですので、あまり問題無いと思いますが、
    32Bit の Windows7 などで 4GB以上のメモリを搭載する場合 3GB程度で認識される旨記載があります。
    ↓に一般向けBTOパソコンで選択肢に挙がるOSのメモリ上限を掲載しておきます。

    Windows7Home Premium32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows7Professional32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows7Ultimate32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows8---32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows8Professional32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows8Enterprise32Bit4GB (3.25GB程度で認識)
    Windows7Home Premium64Bit16GB
    Windows7Professional64Bit192GB
    Windows7Ultimate64Bit192GB
    Windows8---64Bit128GB
    Windows8Professional64Bit512GB
    Windows8Enterprise64Bit512GB

(パーツ選びの参考として ⇒ コンセプト別お勧めBTO を掲載しています。)

3. 注文する

・もう一度、注文内容、価格、出荷予定日などを確認して注文ボタンを押します。

・支払い方法や住所などを入力するページが表示されますので、必要な情報を入力します。

・注文がショップで処理されると、確認ページが表示されます。
 (出荷情報はメールでも確認できますが、一応保存しておきましょう。)

後は、わくわくしながら待ちます。
数日後には、組み立てられて起動テストまで行われたBTOパソコンが自宅に届きます。

以上がBTOの流れになります。

BTOパソコンショップの用意したコンセプトモデルさえ決まれば、それほど悩まないで大丈夫です。


ドスパラ
FRONTIER

BTOの選び方

スポンサーリンク